介護保険の請求書ソフトを効果的に利用する方法

介護保険の請求業務は非常に煩雑なものです。
毎月10日までの間に前月分の請求内容を取りまとめて請求書を作成し審査機関に送付することになっており、基本的には10日間の間に前月分のすべての請求内容を取りまとめ請求書を作成する必要があります」また基本的にはケアマネージャーと呼ばれる介護のプランを作成する担当者の計画に基づく請求内容となりますが、要介護者の都合やその他の理由により計画が変更されることも多く、この計画の変更を反映した形で無いと請求が受け付けられないため、的確にその内容を把握することが必要になります。そのためケアマネージャーとの密な連携が必要になりますが実際には多くのケアマネージャーはその変更内容をなかなか反映しないことも多く、そのため確認作業などが集中してしまうことが多いのです。

介護保険の請求書ソフトを利用することで、請求書作成を迅速に正確に行うことが出来ますが、ケアマネージャーとの連携は非常に大きな課題となっています。
その為、多くの現場ではケアマネージャーに対する入力促進を付加した請求書ソフトを利用して効果を上げています。



ケアマネージャーの入力促進とは、介護計画を作成するケアマネージャーが計画を作成する際にソフトを利用し、このソフトと介護保険の請求書ソフトを連動することで計画に基づいた請求書を即座に作成できるほか、ケアマネージャーが変更を行った場合にはその変更内容も反映されるというものです。

産経ニュースに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

この連携を行うことで、請求業務の負荷を軽減するととものに誤請求を減らすという効果が有ります。



top